So-net無料ブログ作成
検索選択

トリシティ カスタム ヘッドライト LED 改造(バルブ改良編) [車・バイク]

前回まで紹介しました LEDヘッドライトを少し改良したいと思います。

検証編で一度指摘しましたが、LOでやや上部まで照らすのが気になります。
また通勤途中で知り合いに遭遇した時に「まぶしすぎる」と言われました。
で、改良できるものならと思いチャレンジします。



①観察
まず、ハロゲンとLEDと見比べてみました。
そして1つ気づいたことがあります。
ハロゲンは電球の先端を黒く塗ってあります。
これは対向車から見て直接エレメント(光源)が見えないように
するためと推測。
h4 ヘッドライト 01.jpg
h4 ヘッドライト 02.jpg
⇧LOの場合、上側だけを照らしリフレクター(反射鏡)で反射させた光で
下部(路面)を照らす構造みたいです。

そこでLED球を観察すると上部だけではなく前方も照らす事がわかりました。
h4 ヘッドライト 03.jpg
h4 ヘッドライト 04.jpg
これでは対向車のドライバーの目にLEDの光がダイレクトに入り
まぶしいはずです。このままでは対向車に迷惑をかけることになります。
何とかしたいと思います。


②対策
いろいろ考えた結果ハロゲン球のように光が前方に行かないように
加工したいと思います。
LED球の先端に小さな板を付けて光を遮断します。
しかし1つ条件が付きます。
バイクに取り付ける際にアダプターに通るサイズでないといけません。
h4 ヘッドライト 06.jpg

では作業に入ります。
ダイソーのDIYコーナーで見つけた0.5mmのアルミ板で作成します。
h4 ヘッドライト 07.jpg
アダプターの穴より少し小さめで丸く切り抜きます。⇩
h4 ヘッドライト 08.jpg
h4 ヘッドライト 09.jpg
h4 ヘッドライト 10.jpg


★ここで余談ですがとても良いはさみを紹介します。
【SK11】ストロング万能鋏 ポータブル SST-200P です。
今回使用したアルミ板などは簡単に切ることができます。
h4 ヘッドライト 11.jpg
一家に1ついかがでしょうか。

では作業に戻ります。
丸くカットしたものを2カ所ドリルで穴をあけ黒く塗った物がこれです⇩
h4 ヘッドライト 13.jpg

今度はLED球の方に取り付け用のネジ穴をあけます。⇩
h4 ヘッドライト 12.jpg

ネジ穴が開いたらアルミ板をネジ止めします。⇩
h4 ヘッドライト 15.jpg
h4 ヘッドライト 14.jpg

前方から見たら直接LEDは見えません⇩h4 ヘッドライト 16.jpg




③テスト(LOのみ)
車道にて
加工前⇩
トリシティ カスタム ヘッドライト LED 26.jpg
加工後⇩
h4 ヘッドライト 17.jpg

壁に当てて
加工前⇩
トリシティ カスタム ヘッドライト LED 28.jpg
加工後⇩
h4 ヘッドライト 19.jpg

④結果
写真だと、ほとんど違いがないように見受けられますが、車体前に立った時は
直接LEDが見えなくなった分、改善されたと判断します。
しかしまだ、やや上部を照らすように感じます。
LEDが直接見えなくなったとはいえ、リフレクター(反射鏡)越しで見る光は
やや和らげられたものの強烈です。
まだ改善の余地があると思います。

取付・改造は自己責任でお願いします!


nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。